excitemusic

ハゲでオタクな離島在住者の生活
by hageota
ICELANDia
カテゴリ
全体
お知らせ
映画
ゲーム
ハゲ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
links
最新のトラックバック
isqwjqg
from isqwjqg
嫌われ松子の一生
from 検索キーワードランキング
おわらない物語 アビバの..
from にしかわたくの「こんな映画に..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


嫌われ松子の一生

 嫌われ松子の一生を見てきた。

 その場をしのぐために、行き当たりばったりの行動を繰り返し、どんどん落ちていく姿が悲しい。

 なぜこんなに痛々しいのだろう?

 一つの手段が効果をを持つと、それが無効になるまで繰り返す姿。
 多分それが、自分の子供の時の姿を思い出させるからだろうか。いや、少なくとも自分はそうなんですよ。

 もう、それ、効果ないから

 お父さんを笑わせた一発芸も。
 自分のカラダも、テクニックも。
 一途な思いさえも。

 全部、使い減りさせて、それでも誰かに縋ろうとする姿が痛々しいんだろう。

 なんでそんなに他者に依存しようとするのか?
 あきらめろ。あきらめてしまえ。
 そうすれば、楽になるから。

 でも、楽になったけど。なにか足りない。
 足りない分は、酒と薬で補う。
 それでも足りない。

 そして、その足りない部分を見つけ出したってとこで、彼女が死んでしまうって構成は、あまりにも可愛そうだった。

 しかし、それ以外にオチのつけようがなかったのかもしれない。

 なんつーか、抑圧しようとするものからの解放をテーマの一つにしてるような気がしたのだ。
 それをテーマにすると、映画の中ででも一つの解答を示してしまうと、それが新しい抑圧になるかもしれない。だから、こうするしかなかったのだろうか?それなら仕方ないかもしれない。

 しかし、なんなんだろうなぁ。彼女に感じるシンパシーは。
 
[PR]
by hageota | 2006-06-05 21:43 | 映画
ウェルカム・ドールハウス(トッ... >>